ハーブのプリンセス

マカと飲み合わせの悪い薬はあるの?

マカと飲み合わせの悪い薬は特にこれといったものがあるわけではありません。
マカはあくまでも食品なので、特に薬の働きを阻害する成分などが入っていないからです。
どうしても不安な場合は担当医の方に聞いてみるといいと思います。

あとは、マカは亜鉛が入っているのですが、お酒を飲むと体内の亜鉛が失われるので、マカを一緒に飲めば失われた亜鉛も補うことができると思います。
あとは、マカの飲み合わせで注意すべき点は栄養の過剰摂取についてです。
ビタミンの場合には、過剰摂取してもマカに含まれているビタミンが、水溶性のビタミンなので、特に問題はないのですが、ミネラルの成分で例えば、鉄分や亜鉛、銅などを過剰摂取した場合には、生命に危険なほどの影響を受けることがあるので気を付けておいたほうがいいでしょう。

大量のミネラルは体にとって毒にもなります。
下手をすれば中毒症状が出て危険な状態になってしまうこともあるので十分に注意しましょう。
サンディエゴのカリフォルニア大学によると、通常のハーブでよく起こる薬物相互作用がマカでありません。
そして、甲状腺腫の発病率が増加した例を除いては、科学的に根拠のある副作用もありません。

しかし、全ての人が同じようにマカを取り扱う分けではないので、マカやどんなハーブを飲む時でも十分に注意して飲むようにするほうがいいでしょう。
特にマカを初めて飲む場合には、お医者さんに相談してから飲むようにして下さい。
もしもあなたが、お医者さんから許可をもらってマカを飲むことになったなら、飲む分量は少ない分量から始めると副作用が仮に起こったとしてもそれを最小限にとどめることができるので、安全です。

もしも、副作用が起こったならば、信頼できる医師に相談するようにしましょう。
また、2週間マカを取り続けた場合には、2、3日間隔を空けてからまたマカの摂取を続けるようにしましょう。
このような周期を守ることによってもマカの副作用を最小限に抑えることができます。

Copyright(C) 2013 現代病に All Rights Reserved.