ハーブのプリンセス

マカのサプリメントが完全食と呼ばれる理由

マカはペルーのアンデス高原の高地で栽培アブラナ科の根菜です。
その栄養価の高さから、マカは完全食と言われています。
マカは、栄養的に優れていて、アミノ酸が豊富な食品で、ビタミンミネラル、各種ポリフェノールなどが含まれているんです。
マカの根は、真昼の暑さと極端な夜間の寒さが同時に存在する環境という過酷さの中で栽培され、酸素の低いレベルにさえ適応してきたしたたかな植物なんです。
そのためにマカには非常に豊富な栄養素が含まれているため、完全食と言われています。

実際にマカに含まれている栄養素は、アスパラギン酸、グルタミン酸、セリン、グリシン、アルギニン、リジン及びバリンなどの必ん須アミノ酸、脂肪酸、リノール酸および飽和脂肪酸ミネラルとしては、鉄分、マンガン、銅、亜鉛、ナトリウム、カリウム、カルシウムが含まれています。
更にビタミンとして、ビタミンB1、ビタミンB2、およびビタミンCが豊富に含まれているんです。
しかし、マカの一番重要な点は他の全ての栄養素が集まって体の色々な不調やストレスを解消してくれる効果があるということです。

その中でも際立って顕著な働きが、マカのホルモンバランスの調整作用なんです。
簡単に言うと、内分泌系であるホルモンは、体内でのエネルギーレベルの成長や代謝を調節するための働きを担います。
成長ホルモンや腺は内分泌系の基礎となっています。
さまざまなホルモンは、血流を介して移動しますが、各ホルモンそれぞれは、特定の細胞に影響を与えるように設計されています。

研究者は、最近マカのを使用することによって体の中のある一部の特定のホルモンが調整されることが、体の全体の、内分泌系を維持するための最良の方法の一つであることを発見した。
ホルモン療法などによる不自然なホルモンの補充とは異なり、マカは、ホルモン自体で構成されているわけではなく、むしろ、マカの根は、天然に存在するホルモンバランスを調整してくれる薬と言われるくらいに非常に良い成分組成をしているんです。
このこともマカが完全食と言われる理由の一つとなっています。

Copyright(C) 2013 現代病に All Rights Reserved.