ハーブのプリンセス

マカの栽培地で品質に違いが出るって本当?

マカの栽培地として、一番いいと言われているのが、標高が高く厳しい環境条件下にある地域だと言われています。
中でも南米のペルーの高地におけるマカの品質が最高級のものであると認められているようです。
最高級のマカが育てられている標高としてはなんと4000メートル程度の高さでマカがぐんぐんと成長していくようです。

逆に低地域で栽培されたマカは、栄養価があまり優れておらず、十分に効果を発揮するものではないと言われています。
栄養価が豊富なマカが栽培される土地は、気候が激しく、とても普通の植物が元気に育つようなところではありません。
具体的には、夜と昼の温度差がなんと30度前後を超えていて、風邪が強く太陽の日差しが非常に強い地域です。

ただ、この土地の土壌は非常に恵まれていて、天然のミネラル成分が豊富なんです。
そのミネラル成分をマカは吸い上げて力強く成長しているので、あれだけの栄養価が実現できるんです。
ペルーにおいて、栄養価の高いマカが栽培されている地域は、「フニン」や「セロ・デ・パスコ」という地域だそうです。

日本において、マカの値段に大きな違いがありますが、やはり低地で作られたマカは安く輸入できるので、価格も安くなっているようで、そのようなマカだと十分に栄養を取ることができないと言われています。
特に更年期の症状を緩和するためにはある程度の効果の高いものを用いないと期待される効果がえられないと言われています。
高地で育てられた栄養価が優れたマカは、更年期の問題に直接働き、しかも体になんらかの副作用を一切もたらすことはありません。

優れたマカを飲むことによって病気への非特異的な抵抗力を高め、体内のホルモンの機能を正常化することが可能であり、長期間摂取しても、他の臓器には無害であることが研究によって知られています。
優れたマカを見分けるには、まずは値段を見ていくといいでしょう。
値段が他のものよりもあまりにも安く売られているマカは、低地で作られたものである可能性が高いです。

Copyright(C) 2013 現代病に All Rights Reserved.