ハーブのプリンセス

副作用はないの?

マカは栄養価の非常に高い栄養補助食品ですが、大量に用いることや、用法、用量を守らないことで、副作用を引き起こすことがあります。
例えば、以下のような副作用があります。
甲状腺の病気の徴候を悪化させます
マカの根はヨウ素が50μg以上入っています。

そして、そのことが甲状腺の病気の副作用を悪化させます。
甲状腺の病気の人々は、マカの根を食べないよう警告されます。
アレルギー
一部の人々は、マカの根に対するアレルギーです。
皮膚の問題
マカを摂取した結果として、成長ホルモンの放出量は増加します、それは青春期の人に対してにきびを引き起こすことがありえます。
ホルモン濃度の異常変化
マカにはホルモンの濃度を調整する働きがありますが、それが悪い方向に作用してしまった場合、月経不順の問題、ほてり、性欲減退などの副作用を引き起こすことがあります。

胃の調子が悪くなる
多くの不快なマカの副作用の1つとして、吐き気と胃の不調があります。
心拍数が増加する
マカの根は覚醒剤と似ています。
そして、引き起こされた増加した心臓は評価されるかもしれませんか。
あなたにに心臓の病気または機能障害の病歴がある場合、マカの根をとる前に、あなたの心臓病の主治医に相談する必要があります。

胸やけ
マカをとっている一部の人々は、胸やけの高い発生率を報告しました。
頭痛
マカをとっている一部の人々は時折ひどい頭痛に悩まされることがあると報告されています。
上記のような副作用が起こるかもしれないと自覚を持っている人に対しての予防策としては一度に大量のマカを摂取しないことや、用量と用法を通常記載されている分量よりも少ない量から始めることをおすすめします。
できるだけ少ない量でマカを摂取することによっていざ副作用が出た場合でもその影響を最小限に食い止めることができますし、体に対しての影響を少なくすることができるからです。
特に甲状腺の病気を抱えている人や心臓病を患ったことがある人はその摂取に際して医師に必ず相談するなど十分に注意して摂取されることをおすすめします。

Copyright(C) 2013 現代病に All Rights Reserved.